ラブポチ信託

Trust

認定NPO法人ピーサポネットと
ラブポチ信託

当協会では、認定NPO法人ピーサポネットと業務提携しており、協会認定資格「ペット相続士」として、その活動の中に“ラブポチ信託”の普及活動があります。

これはピーサポネットが作り上げた仕組みで、前述の社会問題を解決できる日本で初めての画期的な方法のひとつです。

 (ピーサポネットでは主に下記の活動を行なっている非営利活動法人です。)

  •  もし飼い主が亡くなってしまい、身内や家族に引き取り手がいない時でも、残されたペットが安心して暮らせる為の資金と場所を提供するサービス活動
  •  もし飼い主が病気や事故で飼えない状態になった時でも、ペットが安心して暮らせる為の資金と場所を提供するサービス活動
  •  高齢のためにペットを飼いたくても自分が先に亡くなる不安から、ペットとの暮らしを諦めている高齢者の方に、安心してペットと過ごせるサポート活動
  •  飼い主の想いを正しく受け継いで、不自由なく育ててもらえる里親ボランティアの募集活動
  •  全国各地の老犬、老猫保護施設との業務提携
  •  飼育が困難になった多頭飼いの個人やボランティア団体からの受け入れ活動
  •  ピーサポネット所有の動物保護施設の設置活動

詳しくはホームページをご確認ください。

ラブポチ信託

ラブポチ信託とは、飼い主とペットの問題を解決する仕組みで、民事信託や生命保険信託を用いた飼い主亡き後のペットを守る、日本で初めての画期的な方法です。

こんなときに使えます

icon-person01

Aさん

もし、自分に万が一の事があった時にこのタロー(10才の老犬)は身内が引き取ってくれなかったらどうなるんだろう?

もしや保健所に連れられて殺処分? それは絶対に嫌だ!

icon-person02

Bさん

15年連れ添った愛犬ゴンが死んでから、生きる気力が湧かない。またペットを飼いたいけど、もう60過ぎたからもし自分が先に死んだら誰も引き取ってくれないしな、、、。

もうペットは飼えないよな、、、。

そんな時に、もしその時が来たら、

家族のように大切に育てていたペットがが最後まで
幸せに生きていける施設に行けて、

さらにその飼育費が亡くなるまで
工面できる方法があります。家族のように大切に育てていたペットが

それがラブポチ信託です

※ラブポチ信託の取扱いは、(一社)日本ペットトラスト協会に登録されている認定ペット相続士のみです。ペット相続士を介さないラブポチ信託の手続きは一切行っておりません。

※ラブポチ信託の仕組みの中に「飼い主の病気や怪我、介護状態により飼育できなくなった場合」の対策も用意しております。詳しくはピーサポネットや当協会へご相談ください。